FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

自分の強みを見つけてみた!

 strength finder 2.0の結果は、折に触れ見返しては、励まされたり、アタタタとなったりしています。

 私の結果は、上位5つがこの順番で現れました。

1. 学習欲
2. 達成欲
3. 未来志向
4. 最上志向
5. ポジティブ

 な、なるほどー!!と思うことが多かった。
 学習欲は、幼少時から、何かを学ぶことが好きだった性質にみられるし、今でも変わっていないと思う。惜しいことをしたのは、就学年齢のころ、勉強よりも楽しいことがあって、受験勉強としての努力を怠った点です。

 達成欲は、基本に立ち返って、strength finder2.0の書籍を読むたびに、アタタとなる。理由はズバリ、「この人は忙しい状況が好きなのです。」と書かれている点です。そうかもしれないとわが身を振り返るわ。うーん、でも、できれば働きたくないのだけど、その状況を達成するための試行錯誤は、確かに苦じゃないな。
 また、自分がした苦労や長時間の勤務について、認識されたり労われたりしたい、という希望が強い自覚があり、よくない癖だと認識していたけど、このタイプはそういうものだ、と書かれていて納得。それならしょうがないよね!と自己承認する。

 未来志向は、そうね、基本に、漠然と、人生に対する信頼感を持っています。そのうえで、未来はよくなるはずだとか、その未来に向けて、どんなことをしていきたいか、というのはよく考えます。

 最上志向は、これと達成欲が組み合わさると、自縄自縛な面もあるので辛いところですが、、自覚があります。そうです。やるからには卓越したい。最上志向を強みに持つ人は、きっと、自分の名前でする仕事が向いていると思う。面はゆくもやりがいあるのじゃないかな。私はその他大勢なので、あこがれます。
 その他大勢にあっても、仕事はいつも、我の前に我なく、我の後に我なし、というつもりで行っているし、今日死んでもいいような仕事をしよう!という心構えは、ずっと基本にある気がします。

 ポジティブは意外だった。でも、バケツの話と言い、骨にいじわるがない話といい、基本的に、やはり人生に対する信頼感、楽観的な面は保っているんだろう。強いパーソナリティを持つ人、皮肉が絶えない人とはうまくいかない、というのも同書にズバーっと書いてあって、あ、それなら仕方ないわと納得しました。

 ギャラップは、私の大好きな本の著者も所属するリサーチ会社です。

「仕事を辞めたいけど、辞められない…」の原因3つ  ハンバーガー、ジェットコースター!

 得意なことをして生きていきたい、という欲求さえも、「最上志向」によるものだったんだと思うと、なんだか丸裸にされた気がしますが、それよりも、やってよかったな!という気持ちの方が大きいです。
 敵を知り、己を知れば、百戦危うからずという言葉のとおり、己を知ることができたのは、私にとって、現在進行形で寄る辺、励ましになっています。

 まだ行っていない方は、↓の書籍をぜひどうぞ。書籍版は、自分の特性レシピ、レジュメを確認したくなった時に、さっと出せて便利です。確認、絶対に何度もしたくなりますよ。保証します。
 購入時は、必ず「新品」を購入してくださいね。1冊ごとに固有のIDキーが附番されているため、中古書籍購入時には、IDキーが未使用であることが担保されないためです。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

新品価格
¥1,900から
(2017/6/15 00:57時点)





 
スポンサーサイト
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント

No title
PCやスマートフォンなどは身近なものになって、地球上のどの人々とも隣同士に住んでいるようなものであります。社会観として社会の中ではお互いあてにし、あてにされる関係の中で生きています。

人を思いやる気持ちは、自分に対する「愛」、他人にも同じように与える「愛」そのものです。
思い遣りや慈しみ、利他の心、報恩心を持つことこそが、「自他に対する愛情」となります。

支え合い、分かち合い、助け合いが大切となるこれからの時代において、
普段日常で心がけていれば、いつか自分にも返ってくると思います。
  • 2017-07-29│22:16 |
  • 未来に向けて心がけること URL│
  • [edit]
No title
こんばんは。
コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、情けは人のためならず、ですね。
(世の東西を問わず、ことわざは人生の真実を切り取っていると思います。)

佳きに着け悪しきに着け、21世紀は20世紀とは全く違う世の中になりつつあります。壮大な未来を思うよりも、毎日一歩一歩生きたいものですね。

ご訪問ありがとうございました。
またどうぞ!
  • 2017-07-29│23:08 |
  • 伊藤ひかり URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。