FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

小学生男子のお金の使い方

 アイスクリームを買いに行って、本人の注意が向けられたのは、店舗の出口近くにある、いわゆる「ガチャガチャ」でした。
 大人の立場からすると、いらない…と思うようなカードを手に入れて、このカードはこれこれでね、と教えてくれるのはかわいい。でも私は、同時に買った、すごーくよく飛ぶ紙飛行機が作れちゃう折り紙セットの方が、価格分の価値でいうと、上回るのじゃないかなーと思いました。

 ガチャガチャ考、というような四角張ったものではないものの、考えてみるに、どうやらこれは、お金を入れて、何が出てくるかわからないレバーを回す、というところが面白いらしい。

 私は、お金を入れたら、その価値に見合うものが出てきてほしいとか、入手したいと思うけど、子どもは「価値に見合うもの」が出てきてほしいとは思っていないみたい。というか、100円玉の価値をあまり意識していないのかも?

 機械に入れたらレバーが回せる、というのは、宝くじに似ているかな? スクラッチするタイプの宝くじ。100円~300円出したら、「スクラッチできる」権利が手に入るというのと、同じ感じがします。
 私は、100円出したら、100円で買えるものが手に入るのがいいなあ、と思うけど、それも、相対的で、ある店舗で入手できる品は、別の店舗では入手できないものかもしれないので、100円の価値は動くといえば動きますね。

 アイスクリームもう一つ、とならずに、アイスクリームとガチャガチャは、まあ、カロリーと砂糖の摂取量からみれば、いい選択だったのかもしれません。カード、家に帰ったら、机の上に放置されているけど。←これを見ると、やはり、「カード」が欲しかったのではなくて、「引きたかった」のですね。

スポンサーサイト
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

アイスクリームの話

 先日、バニラアイスには、高級ウイスキーをかけて(垂らして)食べると、大人の味、と書いてあるネット記事を読んで、ほほうと思っていた。
 
 あいにく、自宅には高級ウイスキーがなかったのですが、リンゴ蒸留酒とカルーアがあったので、今度試してみる。

 最近は、イチゴヨーグルトをシャーベットにして、チョコレートのかかった朝食用フレークを混ぜて食べるのがお気に入り。在庫にラムネがあったら、これも入れちゃう。(ラムネは、少し硬い方がおいしい。イメージは、サイダー瓶を模した容器に入っているアレです!)

 ↑の混ぜ混ぜアイスは、今までで一番好きだったアイスクリームに少しでも近づけたい、という試行錯誤の結果。

 その商品とは、むか~し、セブンイレブンで買えた、「ベンアンドジェリーズ」の「イチゴアイス」です。(果肉たっぷり、チョコレートスナックのチャンク、アイスクリーム、ハーゲンダッツのサイズ感)
 ベンアンドジェリーズの当時のラインナップは好みにビターっと当たっていたので、ちょくちょく購入して楽しんでいました。バナナアイスもあったかな。

 あいにく、その後、B&J社が日本から撤退してしまい、それ以降、出会えていません。最近日本に再上陸したとも聞きましたが、ラインナップがやはり一新されているようで、かの「イチゴアイス」はもうないみたいでさみしい限り。

 まだまだ朝夕寒い~という気温ですが、それでも、商店のアイスコーナーには心惹かれますね。日々商品が変わっているようで、ついつい見てしまい、手を伸ばしてしまいます。おいしく食べるよ~!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

エコロジーと不仲である話

 私の場合、エコロジーを実践しようとすると、危険が増すようなので、行わないことを自分に許しています。

 たとえば、職場のポットのお湯の捨て方。どうやって捨てるか悩みませんか? 私は悩んだことがあるよ。だって、そのまま煮立ったお湯をシンクに捨てると手も熱いし、被ったときに火傷するのが恐ろしかったのです。またこれが、たっぷりお湯が入っていて、危険度アップ。夏にこんなに入れるな入れるなと思うくらいお湯が沸いていることもある。

 このため、熱いポットに水道水を注いで、ぬるーくしてから捨てています。エコロジーじゃない! 知っているけど、安全よ。

 ほんとは、ポットにお湯を張ったまま、電源から離し、冷まして翌日捨てるのが防災上いちばんいいと思っている。(つまり、断水に備えて。) だけど、それは一般に社会のルール上望ましくないようなので(ポットの劣化防止上の措置かもしれません。)、自分をやけどから守るために、上記のように密やか~にやってます。

 そんなに不器用なのかよ!! と言われそうですが、手先の細かいことは得意な方だと思っています。ただ、重たくて、やけどする恐れのあるものを、振り回したくないんだよー。

 あと、私、怒られるかもしれませんが、暑いときはエアコン(冷房)つけたいし、寒いときはストーブ点けたい。やかんでお湯をシュンシュン沸かして、生姜湯とか飲みたい。だって、無理したら体調が悪くなることが分かっているので、無理したくない。自宅では夏も冬も、それどころか一年中、好き勝手できるけど、オフィスではそうもいきませんね。

 今年も、クールビズのエアコン設定は28度目標と聞きましたが、うーん。実際のところ、普通のオフィスは、PC台数 × 社員(36度前後の体温を発し、動く) + 複合機 + ビル外壁・窓から室内に伝わる外気温 + 換気システムは結構弱め? という状況だと思います。この状況に置いて、壁リモコンの設定温度が28度だとしても、どうだろう、室温は28度以上になるのではないかなー。毎年過ごしにくくて困っています。エアコン業界に詳しい方はきっとご存知かな。

 つまり、私にとっては、省エネを追求すると、けがをしたり、体調を崩す可能性が上がって、安全に暮らしにくいみたいです。「質量保存の法則」がここで使えるのかどうかわかりませんが、何かを削って、エネルギーや時間や手元資金に余裕を出しているのなら、削られた何かによって起きる不便もある筈なんだよ~!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

母の日あれこれ

 私は、「お年玉」以外、家族間進物、価値交換は一切行わないのですが、家族のほかのメンバーは、イベントごとに熱心に行っています。花が届いたり、お財布が届いたり、羊羹が届いたりと、それはまあにぎやかなものです。

 なぜ行わないの!? 誕生日もしないの?! と驚かれますが、理由はいろいろ。「折り返し」があるギフトは、選ぶのも、いただいて礼状を書くのも、すっかり面倒になりました。お年玉は、唯一、「上げっぱなし」でいい進物と考えているので、プレッシャーがない。その場で子供や老親からお礼を言われて、おしまい。quite simple。

 先日の母の日、親族のやりとりで白眉だったのは、二人きょうだいのうち、長子が、「母の日なら、おいしいものが食べられるのね」と言ったとか言わないとか。誰が作るのかといえば、想定されていたのは、「お母さん」だそうですよ。私はこの子がかわいくて仕方ないが、言われた「母の日の主役」は唖然として、普通のごはんを(それでも)作ったとのこと。えらいわ。

 けなげな同僚は、母の日がご母堂のお誕生日でもあったため、選んで買ったピンクのカーネーションを実家に持って帰ったら、ご母堂は旅行で空の下。お手紙書いて、置いてきたそうです。

 本当は、声を聴くだけでもいい、と思っています。それならば、母の日を選んで行う必要はない、いつでもしたいときにお話すればいいじゃないと思っており、5千円のカーネーションでなくて、スーパーマーケットで、500円のお花を10回買って帰ればいいじゃない、と信じている。あいにく賛同者は少ないよ。
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

男子中学生の靴下は納豆の臭い?

 中学生男子、部活から帰ってきて、リビングに入ってきたらむわんと臭う。

 ただ、繊細な年代でもあるので、あなたの足が臭いよ、という言い方はしたくない。傷ついてしまうだろう。

 そこで、あなたを責めるつもりはない、と前置きした上で、男子中学生の足は臭いものだ、その年代であれば当然だ。だが臭うのは事実なので、足を洗ってきてくれないか、と話した。

 気にせず風呂場で洗ってきてくれたのだが、本当に「気にせず」だったのかどうかはわからない。

 「あなたの足が臭い」という言い方であれば、自分が言われてもショックを受けると思ったので避けたのだが、一般に、夏の間は男性でも女性でも、代謝として汗が出る限り、足は臭くなる。

 女性であれば、 シルクの五本指靴下を勧めるが、男子中学生は、「おじさんのようだ」と拒否する気がして、特に話題に出さなかった。
 
 足を洗えば臭くなくなる → 臭さの原因は洗い流すことができる → 靴下または靴を清潔に保つことも大事。

 洗濯籠に残された靴下によるものか、脱衣所もうっすら臭いが立ち込めていた。

 靴に消臭剤を吹き付けて、以前失敗したことがあるので、良い方法に出会いたいと願っている。

↓女性にお薦め。シルクのものは、ハンカチでもスカーフでも、テンション上がる。

5本指ソックス シルク(絹)フットカバー 【8130】 M(24~25、5cm)ライトベージュ

新品価格
¥1,080から
(2017/5/13 23:49時点)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。